読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BOOK DEPT. F.A.Z

quiet & happy asylum

strange ritual

f:id:knobkov:20140227014714j:plain
「奇妙な儀式」
デイヴィッド・バーン
DDP

先日の岡山出張を終えて帰阪の道中に車で立ち寄った古本屋にて購入。「国道沿いの古本屋」ってスタンスはどうもずっと好きです。とにかく大量の在庫をストアして、好きに見てってよ、という直接的な商売っ気の無さ。不案内で自分で探さなきゃいけない不便さ。敷地は広くなくても、そういうアナログならではの楽しさがある本屋になれたら。
f:id:knobkov:20140227015912j:plain
トーキングヘッズ、デイヴィッド・バーンの偏愛的イメージ蒐集アーカイヴ。何のオチも統一感も無い中で、ページを捲る毎に知覚される忘れられつつある何かに対する慈しみ。
f:id:knobkov:20140227015921j:plain
f:id:knobkov:20140227015933j:plain
f:id:knobkov:20140227015351j:plain
f:id:knobkov:20140227015607j:plain
f:id:knobkov:20140227015616j:plain
f:id:knobkov:20140227015627j:plain
f:id:knobkov:20140227015636j:plain
f:id:knobkov:20140227015654j:plain
f:id:knobkov:20140227015703j:plain
f:id:knobkov:20140227015714j:plain
f:id:knobkov:20140227015943j:plain
f:id:knobkov:20140227015818j:plain
男の記憶はやはりどこか彼方のうらぶれたものへの愛情に注がれるのでしょうか。

カバー下のデザインも、とても好み。
f:id:knobkov:20140227023029j:plain

全然関係ないけど店先でこういうわかんないもの売ってる感じも国道沿いの古本屋の良さだと。
f:id:knobkov:20140227023123j:plain


ヒロポンとF.A.Z vol.2 終了のお知らせと御礼。

BOOK DEPT. F.A.Z、岡山出店は無事に(?)終了致しました。前回出来た事と反省点とを踏まえた上で、ずっと考えていたつくりたい形に近付いた第2回目でした。

街の中に、ビールも呑める喫茶店があって、本屋があって、良いレコードが流れてて。そこを訪れる人のそれぞれに会話や、本を買ったり読んだりや、黙想、ビール、コーヒー、あるいはそれら全てや、そんな目的があって。やってるぼくらはそういったものを提供する機能になれたらという気持ちで。訪れる人はその機能を楽しんで、リラックスして、用事が済んだらまたいつかね、とそれぞれの元いた場所へ帰っていくような。今回はそういった予定していた目標値を、荒削りながら形に出来たような実感があります。

本屋としても、前回以上にたくさんのお買い上げがあり嬉しい限りでした。タカツキ君のゆるやかにあの場所に寄り添うようなDJも心地良く、動き易く、それでいていつでも入っていつでも帰っていけるような音楽が流れていて。それぞれの顔を見ながら、売ること、音楽が流れてること。やっぱりそれが一番楽しくて。

またしても7hoursのロングセットで参加してくれた盟友タカツキシュウジ、城下公会堂のヒロポン、影で協力してくれたマイちゃんとサコちゃん。ありがとう。

そしてあの場所に訪れて、時間を共有して下さったみなさま、とてもとてもとてもありがとうございました。

半年後くらいに、また第三回を開催出来たらなと。のんびりと、待っていて下さったら幸いです。

ではまた、どこかの底で会いましょう。また遊んで下さいませ。


f:id:knobkov:20140225190703j:plain
f:id:knobkov:20140225190811j:plain
f:id:knobkov:20140225190845j:plain
f:id:knobkov:20140225191147j:plain
f:id:knobkov:20140225191222j:plain
f:id:knobkov:20140225191310j:plain
f:id:knobkov:20140225192307j:plain
f:id:knobkov:20140225191254j:plain
f:id:knobkov:20140225190038j:plain
f:id:knobkov:20140225190137j:plain
f:id:knobkov:20140225192537j:plain
f:id:knobkov:20140225193122j:plain
f:id:knobkov:20140225193126j:plain
f:id:knobkov:20140225193212j:plain
f:id:knobkov:20140225193244j:plain



2014/02/23 SUN. リコメンド

皆様ご機嫌いかがでしょうか。

いよいよ今週末というかもう3日後と差し迫ってきましたが岡山の城下公会堂にて出張出店致します。
 
さらりと持っていく本の中からいくつかご紹介。
 
お時間などの詳細は下記リンクからご確認下さいませ↓。

 f:id:knobkov:20140221004424j:plain
食物漫遊記
筑摩書房
1981年刊
¥600-
博覧強記の代名詞、種村季弘による食随筆集。溢れる知性とウィットに富んだ語りから、腹が減るというより、未だ見ぬ名店を掘り出すとこから始めたくなる名著。ちなみに一章は岡山の焼き鳥屋。装画の鈴木慶則もとてもとても良いです。

f:id:knobkov:20140221020237j:plain
叢書バベルの図書館
巨匠J.L.ボルヘス自らが編み序文を付した、今尚人々に影響を与え続ける名世界文学全集。現在は新編で刊行されていますが旧版の独特の判型と装丁に詰まった魅力を是非。
ロンドン-井上謙治訳-死の同心円
ヒントン-宮川雅訳-科学的ロマンス集
アラルコン-桑名一博・菅愛子訳-死神の友達
トルストイetc-ロシア短篇集

f:id:knobkov:20140221004443j:plain
IN THE CITY
NIGEL PEAKE
PRINCETON ARCHITECTURE PRESS 洋書
2013年刊
¥3000-
アイルランド出身のイラストレーター、ナイジェル・ピークのドローイング集。建築的な架空の間取り図や設計図、あるいは抽象的な線、それらが体温のある色使いを帯びてタイトル通り「街」を浮かび上がらせる。想像の旅へ誘う137ページ。小ぢんまりとした美しい一冊。贈り物にもぜひ。

f:id:knobkov:20140221004433j:plain
ROADWORKS
LINDA McCARTONEY
BULFINCH PRESS
1996年刊
¥4200-
56歳の若さでこの世を去ったポール・マッカートニー夫人のリンダ。音楽家としても活動した彼女の写真集。旅の道中で捉えたポートレートや街の記憶が心地好いブレと共に蘇る一冊。店主お気に入りです。

f:id:knobkov:20140221004506j:plain
原宿物語
加藤明
1986年刊
¥500-
当時原宿で名をあげたアパレルブランドやハウスマヌカン、クレープ屋台、タケノコ族から佐川急便の原宿担当者まで、様々なそこで息をする人間への聞き書きで構成された本書。みんな調子に乗っててオモシロイですよ。笑 とはいえ原宿の町の隆盛を追った文化史的に興味深い一冊。

f:id:knobkov:20140221004516j:plain
美人アナ「大」事典
電撃アナ研
飛天出版
1999年刊
¥300-
タイトル、目次からとにかく下衆な刊行当時の女子アナ解析ガイド。何とも言えない盛者必衰の香りを嗅ぎながら小宮悦子に思いを馳せてみては。買ってもいつ読めばいいのか分からない一冊ですがそこをどうか。

 f:id:knobkov:20140221012121j:plain
MOSCHINO
X ANNI DI KAOS!1983-1993
¥7,500税込
Edition Lybra Immagine
1993年刊
イタリアのファッションブランド「モスキーノ」の創業モスキーノが現役として活躍したブランド設立初期’83年~彼の晩年’93年までのヴィジュアルを編纂。時にサイケデリックであり、時にアダルト、細部までウェルデザインドなブランドのイメージを濃密に詰め込んだ贅沢な一冊。

!info

2014/02/23(日)

17:00open

00:00close


no charge(要1drink)


場所:

城下公会堂, 岡山

城下公会堂 | サウダーヂな夜・エテパルマ・城下公会堂・リョバ(岡山市・カフェ・バー・二次会)


BOOK DEPT. F.A.Z(本の行商)

DJタカツキシュウジ(音楽)

LAF(ドローン+朗読)


節操と脈絡のないリコメンドでしたが、他にもいろいろとございます。


よろしくどうぞ。お待ちしております。



F.A.Z店主




名優、逝く

It's not
What you thought
When you first began it
始めた時には思ってもみなかった
You got
What you want
あんなに欲しかったものが
Now you can hardly stand it though,
今じゃ堪え難いものになってしまった
By now you know
ほら分かったでしょう
It's not going to stop
終わらないの
It's not going to stop
終わらないのよ
It's not going to stop
ずっと続いてしまうの
'Til you wise up
あなたが気付くまで

You're sure
There's a cure
救いがあると信じてた
And you have finally found it
やっと見つけた
You think
One drink
Will shrink you 'til you're underground
でも一杯呑めばそれも台無しになって
And living down
また抜け出せなくなって
But it's not going to stop
でも終わらないでしょう
It's not going to stop
終わらないのよ
It's not going to stop
ずっと続いてしまうの
'Til you wise up
あなたが真理を知るまで

Prepare a list of what you need
本当に必要なものを書き出してごらん
Before you sign away the deed
何もかも差し出してしまう前に
'Cause it's not going to stop
だって終わらないのよ
It's not going to stop
終わらないの
It's not going to stop
ずっと続いてしまうの
'Til you wise up
あなたが気付くまで

No, it's not going to stop
本当に、終わらないのよ
'Til you wise up
あなたが気付くまで

No, it's not going to stop
ずっと続いてしまうの
So just...give up
だから、諦めましょう

2014/02/23(日) ヒロポンとF.A.Z vol.2 @ 城下公会堂

f:id:knobkov:20140202183320j:plainf:id:knobkov:20140202183328j:plain
2014/02/23(日) 
ヒロポンとF.A.Z vol.2 @ 城下公会堂

岡山で様々なライブイベントやパーティを開催する素敵なカフェ、城下公会堂にてわたくしF.A.Zが本の行商に伺います。


前回の様子→

城下公会堂 F.A.Z出張出店 - BOOK DEPT. F.A.Z


昨年9月から約半年ぶりの第2回目、ぼくの好きな城下公会堂とそこを切り盛りするヒロポンの人柄に助けてもらいながら、場や土地に寄り添うような良い本をみなさんに楽しんでいただけたらと思います。


何を持って行くかはお楽しみですが今後、ちょっとずつ小出しにここのブログでも持って行く本の一部を紹介していきますね。


前回に引き続き、店内BGMではF.A.Z店主の大親友のDJタカツキシュウジが参加してくれるます。あまりカッチリした打ち合わせもしないのですが、前回も本と城下の場、そして来てくれた人達がひっそりと融解していくようなレコードを流してくれました。今回もそんな音楽に耳を傾けながら日曜日の午后のひと時をお過ごし下さいませ。


小一時間ほど、DJタカツキシュウジとF.A.Z店主によるドローン音楽+朗読ユニット、"LAF"もお聴き頂こうと準備中でございます。どんな感じになることやら。


1ドリンクはオーダーして頂きますが、チャージは無料ですので、みなさまぜひぜひふらりと遊びに来て下さいませ。


日曜日、岡山の街の、夕方のあの場所で会えるのを楽しみにしております。


2014/02/23(日)

17:00open

00:00close


no charge(要1drink)


場所:

城下公会堂

住所〒700-0814 岡山市北区神町10-16城下ビル1F

出演:

BOOK DEPT. F.A.Z(本の行商)

DJタカツキシュウジ(音楽)

LAF(ドローン+朗読)

ヒロポン(城下公会堂)


ぜひ。






図書室予定

年内は明日12/30のお昼くらいに半分寝ながらF.A.Z図書室開けてます。こたつありますし、東京から映画監督の佐藤とし浮き君が来て彼の映画の上映会してくれるみたい。たぶん夕方には岡山に帰省+納品行くので閉めますよ。
f:id:knobkov:20131229124821j:plain